今流行りの定額制ネイル

定額制ネイルとは、表示されている価格での提供になります。
宣伝や内容で、定額制ネイルを歌っていて、このコースは○○円とあれば、それ以上の追加料金はないとしてよいでしょう。

しかし、詳しく見ると、初回だけ1,000円アップとか、時間制限がある場合が多いですから、その点では気をつけなくてはならないかもしれません。
もちろんオプションや長だしなどのメニューは、定額制ネイルの範囲内ではないことが多いです。

 

会員制、定額制ネイルということであれば、その価格以上はないことを確認の上、予約をとることをオススメします。

問題はその内容です。

 

どこまでが定額制ネイルのメニューなのか?ということ。
自分が行なって欲しいだけのものをしてくれるかどうかです。

 

予めサンプルなどを用意している場合か多いですから、確認をしてからが確かです。
定額制ネイルはセット料金と見てよいでしょう。

ファイルから甘皮処理、ネイルがだいたいの流れになります。
問題はデザインということになりますが、金額に合わせてのメニューが多く、安いんなら安いなりの内容なっています。

 

最近は、ネイルサロンも乱立している地域などでは、キャンペーンなどを打つ出す機会が多いですから、お得に定額制ネイルも可能です。
元々の半額くらいの料金で、ネイルを楽しむことも可能です。

お得にキレイなネイルを楽しむためには、キャンペーン利用が良いかもしれません。
対応と内容が良ければ、常連決定です。

23
10月
2013

ジェルネイルによるアレルギーとは?

ジェルネイルアレルギーがあるのをご存知でしょうか?
正確には、接触性皮膚炎で、何かの物質が皮ふに触れることで、湿疹が起こったり、炎症を起こすものです。

ジェルネイルには、この危険性があります。
リキッドはもちろんですが、UVライト、ラップなどすべてのものにアレルギーの元になる原因があるといっても良いでしょう。

 

アレルギーは、突然起こるように見えるのですが、ジェルネイルを使い始めてすぐに出るのではなく、
数ヶ月続けて使用することで、なんとなくおかしいぞという指先の変化がみられると言われています。

PH068_002

もともとアレルギー体質の方だけがなるのではなく、
アレルギーには無関係な方もアレルギーになることがあるというのですから、一応は気をつけておいた方がよいでしょう。

 

ジェルネイルアレルギーにならないためには、ジェルなどは絶対に皮ふに付けないこと。
何度も皮ふにジェルネイルをつけてしまうことで、刺激になることが多くあります。
濃度は正しい数値を守ることと、多く塗り過ぎないこと。

 

薄く回数を塗るよりも、濃いものを一度につけることでは、刺激が違います。
ジェルが固まらないからといって、厚く塗るのは厳禁です。

UVライトによるアレルギーは、指先に日焼け止めを降ることで解決できます。
爪だけ当たるようにします。

 

気をつけることはこのくらいですが、接触性皮膚炎になってしまうと、その後も皮ふが過敏になってしまうため、
ジェルネイルそのものも楽しめなくなってしまうことがあります。

 

しかし、しばらく中止することで、皮ふが元通りになれば、再開も可能です。

23
10月
2013

オフは丁寧に行いましょう!

セルフネイルの基本は、オフを丁寧に行うこと。
きれいに塗ることはできてもオフができなければ、自爪は簡単に痛むことになり、楽しんでできません。
自爪が、かわいそうになるだけではなく、しばらくネイルもできない状態に。

 

自爪の健康を左右するためにも、セルフネイルでのオフはしっかりマスターしてください。
用意するものは、リムーバー、アルミホイル、カットしたコットン、ファイルです。

 

まずはファイルで、爪を削ります。
目の粗いもので、自爪は決して触れないようにしてください。
アセトンをコットンに湿らせて爪に乗せます。

 

この時に、アセトンが皮ふに触れないように、コットンは爪の大きさにカットしておいてください。
その上からアルミホイルを乗せますが、これもカットしたものを使います。
カップ型のアルミホイルならカットせずにそのまま使えて便利です。

 

価格もやすいです。
放置時間は約10分ですが、長すぎてもNGです。
アルミホイルを剥がすときに、暖めながら行うと良いかもしれません。
一度で剥がれなかったら、同じことを繰り返してみてください。
キレイに剥がれたら、キューティクルオイルをつけるのはオススメです。

 

しっかりと保湿をすることで、爪を傷めることなく、再びネイルを楽しむことができます。
準備するときに、カットなどは事前に行うと良いでしょう。
温かな部屋で、オフも楽しみながら行うのが良いですね。
あくまでも優しくソフトに丁寧に、を基本として行なってみてください。

23
10月
2013

自爪が薄くなる?

セルフネイルで、キレイなネイルアートができると嬉しいものです。
自分でできたと言う自信と何よりもリーズナブルなネイルを楽しめることで、得した気分はこの上ないものです。

 

ところが、自爪が薄くなってしまうトラブルに遭ってしまう方は結構多いと言われています。
もし、私の爪が弱い?と思って、セルフネイルも断熱してしまう方もいらっしゃいます。

 

セルフネイルで、自爪が薄くなる原因として考えられるのは3つあります。
オフの仕方が悪い、サイディング、無理やり剥がす、です・
オフは、3週間に一度が標準で、やり過ぎは厳禁。

 

皮ふまでリムーバーを覆ったり、時間の置きすぎは、爪の乾燥をもたらせます。
サイディングは、削りすぎが心配です。

 

どうしても必要以上に削ってしまうことで、爪が傷み、その上にジェルを乗せることになりますから、悪循になってしまうのです。
最近はサイディング不要のジェルも多く出回っていますまので、
サイディングに自信がない方は、サイディングをしなくて良いもので始めてみてください。

時間が経つと、ジェルがぺろんと剥がれることがあり、思わず手で剥がしてしまうことも。
これをするだけで、自爪は薄くなってしまうと言われています。

 

自爪が薄くなってしまうと、UVライトに当てた時に痛みを感じたり、しばらくネイルはお休みしなくてはならなくなります。
セルフネイルだからこそ、爪ケアをしっかり行なって、自爪を保護することを考えながら楽しむことが大切です。

23
10月
2013

GRANJE(グランジェ)

セルフネイルを行なっている方なら、グランジェは使用されたことはありますか?
グランジェのキット、使いやすさで人気です。

ジェルネイルはやってみたいけれど、マニキュアのように簡単ではない?という方にグランジェのジェルネイルキット、オススメです。

 

マニキュアと違って、UVラインでの硬化、これが面倒という方、グランジェはなんと10秒で硬化完了です。
普通なら3分くらいはかかるところですが、あっという間にツヤのある爪に。

そのジェルネイルのツヤは。マニキュアで真似のできないものです。
そして、何よりも長持ちすることが魅力です。
PH129_003

日本製で、きつい匂いも無いジェルは、なんと開発に1年以上の歳月を欠けた自信作です。
品質が良い確かなものを使いたい方には、ここはポイントでしょう。

 

UVライトは、LEDライトも選択でき、軽量化に成功。
バッグの中に入ってしまう小型ですから、場所を選ばず、ジェルネイルを楽しむことができます。
上品なツヤのグランジェは、まるで濡れているような光沢を放っています。
それでいて汚れもつきにくいと評判です。

 

キットは持ち運びができることを前提にしたものですから、必要最小限度のものだけを揃えました。
他のコスメと一緒に運べますから、出先での修正も簡単に行えます。
スマートフォンより小さなUVライト、そして10秒硬化が実現していますから、いつでもネイルをベストに持っていくことが可能になりました。

 

豊富なカラーバリエーションから、お好みの色をお選びください。

23
10月
2013

ミラクルデコジェル(JELLYNAIL:ジェリーネイル)

ネイルデビューは、セルフネイルでという方は、キットが良いようです。
そこでオススメは、ジェリーネイルのミラクルデコジェル。

ネイルをするには、単にマニキュアだけを買うのではなく、様々な付属品が必要、それにすぐにいろいろ試してみたいと思ってしまうもの。
単品で揃えるよりも、キットになっているものを一つ用意するだけで、セルフネイルが気軽に始められます。

 

UVランプはもちろん、すべて一から始められ、ラメグリッター、ストーンなどバリエーションも楽しむことができます。
17点も揃っていて、好きな色も選択できるものもあります。
発売と同時に半年が1万個も売れたというすごいもの。

 

ジェリーネイルは、ネイルを行う方にとっては、信用できるありがたいメーカーなのですが、硬化部分がほかとは違います。
ジェリーネイルの完全硬化は、未硬化の拭き取りがいりません。
これは、UVランプに照射した時にまだ硬化していない部分がでるのを拭き取る作業があります。

 

初心者の方は、ここで失敗することも多いとか。
ジェリーネイルなら、完全に硬化が期待できますから、キレイに仕上ります。
時短ネイルが、ミラクルデコジェルで簡単にできます。

おまけに、ツヤが良いからトップコートも不要の手間なしネイル、ジェルの硬さも調度良く、垂れる心配もありません。

 

初めてのネイル、道具を揃えるのも大変と言う方に、ジェリーネイルのミラクルデコジェルキット、断然オススメできる自信のキットです。

23
10月
2013

セルフネイルについて

af9920056618

セルフネイルは、最近女性の間で流行っています。
セルフネイルとは、文字通り自分でネイルをほどこすことです。

この場合、ソフトジェルを使用して行うもので、4週間近くツヤを出すことができ、しかも簡単で経済的なものとして人が高まっています。
昔から自分でマニキュアなんていうのは、当たり前のことでした。

 

しかし、最近では、マニキュアではなくネイルアートが主流。
それもネイルサロンなどでやってもらうことで、キレイにできるというファッションが、マニキュアに取って代わったと言えます。
ところが、ネイルサロンはキレイにやってもらえますが、料金が高い。

また、通う時間やそのような場所が無いという女性たちに、セルフネイルがジワジワと神道してきて、
キッドなどの発売により、自分でもできるセルフネイルが浸透してきたと言えます。

 

具体的な方法については、セルフネイルを教えルスクールや教室もありますし、
動画やホームページ、キッドの購入によって、自由な発想でジェルネイルを楽しむことができます。
セルフネイルのメリットといえば、リーズナブルな点と好きなようにできることです。

 

しかし、デメリットとして、間違った使い方とそれにより爪を傷める事があります。
ネイルサロンなどでは、爪ケアまで行なってくれますが、セルフネイルの場合、そこまでマスターしていない場合もあります。
これからセルフネイルをしようという方、現在行なっている方は、是非爪ケア部分は特に念入りに行うことをオススメします。

23
10月
2013

ネイルの資格

現在、日本ではネイリストの資格は2つの団体の実施する試験で取得することができます。
いずれも民間資格ですが、就職などに役立つ資格です。

 

ひとつは日本ネイリスト協会であり、ネイリストのネーミングの発案したと言われています。
日本ネイリスト協会の別組織日本ネイリスト検定試験センター主催の技能検定試験に合格をすることで、ネイリストの資格を有する事ができます。

また、インターナショナルネイルアソシエーションも技能検定試験を主催し、ネイリストの資格を取得できますが、合格者をあえてネイルスペシャリストと呼んで区別をしています。

いずれもネイルに関しての専門的な知識がなければ合格はできない難しい試験として有名です。

 

日本ネイリスト検定試験センターの資格は1級から3級までの技術を問われるもので、1級ともなると、合格率はとても低いと言われています。
試験内容は、ネイルケア、色やデザイン、スカルプチュア、ネイルアートなどですが、この内容が細かで、技術的にもかなりの専門知識を要するとされています。

 

また、ネイルだけではなく、爪の知識をもつこともスキルアップには必要とされています。
ネイリストの資格をもつことで、就職にも役立ちます。

ネイルサロンはもちろんですが、美容院、エステ、ブライダルサロンの他、ネイルスクール、スタイリストなど、様々な活躍の場があります。
ネイリストの資格の勉強方法としては、ネイルスクールや通信教育などがあります。

23
10月
2013

ネイリストになるためには?

ネイリストになるためには、いくつか方法があります。
ネイリストとしての資格は、ネイリスト技能検定試験、ネイルスペシャリスト技能検定試験に合格をすることです。
この2つの資格をえるために勉強をしなければなりません。

 

そのため、通信講座などで勉強をするか、ネイルスクールなどに通うことです。
ネイリスト技能検定試験は、1級から3級まであり、日本ネイリスト協会が実施していて、
ネイルスペシャリスト技能試験は、インターナショナルネイルアソシエーションが実施しています。
どちらの試験が良いということはありませんが、民間資格としては、日本でこの2つの資格がネイリストとして認められることになります。

 

しかし、民間資格ですから、開業する際にもこの資格がないとダメということではなく、勝手にネイリストを名乗っても良いとされています。
実際は?というと、ネイリストとして働きたい時には、当然資格の有無の関係してきますから、“本物のネイリストになりたい、将来のネイリストとして開業をしたい方は必ず取得したい資格になります。

 

これらの資格をえるための試験は、そう簡単ではありません。

 

就職にしても、かなりの難関の試験を突破することになりますが、それだけやりがいもあり、技術も磨かれるということです。
通信講座、スクール通学、どちらでもネイルについての勉強をしてみることで、資格取得を目指してみてください。

 

現在、女性にとても人気があるネイリストですが、なかなか大変だということが納得されることでしょう。

23
10月
2013

除光液で落とす

マニキュアを落とす時には必ず除光液を使用します。
この除光液には、アセトンが入っていて、協力なマニキュアを落とす力があります
そのときにどうしても、爪の水分や油分もとってしまうために爪を乾燥させてしまい、除光液を使うことは爪にとってはマイナスです。
この威力は、溶剤として、マジックや接着剤をも剥がす事ができるくらい強力です。
マニキュアを除光液で落としたあとに白くなっている場合があると思いますが、それは爪が乾燥している証拠です。
そのままにしておくことで、爪が割れやすくなったり、二枚爪になってしまうことがあります。
af0100012253
二枚爪と言うのは、爪がもともと3枚の層でできているのに、除光液の影響で一枚剥がれてしまう現象を言います。

アセトンが入っている除光液を使用する時には、除光液のあとに必ず爪ケアを行いましょう。
ケアをするのにとても便利なのが、キューティクルオイルです。
キューティクルオイルは、油分の供給と保湿を行なってくれます。

 
除光液をつけたあとに、キューティクルオイルを爪に付けて、マッサージをすると良いでしょう。
健康で丈夫な爪に仕上げることができます。
毎日の爪のお手入れにも良いです。
除光液の中には、アセトンがまったく入っていないも最近は見かけるようになりました。
それ程高価なものではなく、植物エキスの入っていて、爪に良い成分も配合されています。

爪の傷みが気になる場合は、除光液としてアセトンフリーのものを使用されることをオススメします。

23
10月
2013