安いネイルを求めるなら、スクールネイルがおすすめ!

ネイルをしておしゃれを楽しみたいけど、お金がない!そんな時はありませんか?
そういう時におすすめなのが、スクールネイルです。スクールネイルというのは、学校で学ぶ。
もしくは、学校で学んできた人たちが施術してくれるネイルのことです。

【スクールネイルで学ぶ場合】

プロにやってもらうのではなく、自分で学んでできるようになる方法です。
最近では講座を開いているサロンも多く、自分でネイルができるようになると
ネイルキットさえあれば、自分の家でできてしまうというのが大きな魅力です。
そのため、材料費はかかりますが、3ヶ月に一回5000円を払うことはなくなります。
ウデを磨けば、サロンを開店することも夢ではありません。趣味としても楽しんでもいいでしょう。

【スクールネイルで施術してもらう】

スクールネイルで学ぶ人達のサンプルになる方法です。こちらは、500円と格安でできるとあって
最近話題を呼んでいるネイルです。何故安いのかと言いますと、まだプロではないアマチュアなので、
完全な保証ができません。そのため、美容室のカットモデルのような話になるわけです。ただ、
カットモデルはそこら辺の人をスカウトしてきますが、ネイルは自分で気軽に行けるので嬉しいですね。

03
12月
2013

ネイルの資格

現在、日本ではネイリストの資格は2つの団体の実施する試験で取得することができます。
いずれも民間資格ですが、就職などに役立つ資格です。

 

ひとつは日本ネイリスト協会であり、ネイリストのネーミングの発案したと言われています。
日本ネイリスト協会の別組織日本ネイリスト検定試験センター主催の技能検定試験に合格をすることで、ネイリストの資格を有する事ができます。

また、インターナショナルネイルアソシエーションも技能検定試験を主催し、ネイリストの資格を取得できますが、合格者をあえてネイルスペシャリストと呼んで区別をしています。

いずれもネイルに関しての専門的な知識がなければ合格はできない難しい試験として有名です。

 

日本ネイリスト検定試験センターの資格は1級から3級までの技術を問われるもので、1級ともなると、合格率はとても低いと言われています。
試験内容は、ネイルケア、色やデザイン、スカルプチュア、ネイルアートなどですが、この内容が細かで、技術的にもかなりの専門知識を要するとされています。

 

また、ネイルだけではなく、爪の知識をもつこともスキルアップには必要とされています。
ネイリストの資格をもつことで、就職にも役立ちます。

ネイルサロンはもちろんですが、美容院、エステ、ブライダルサロンの他、ネイルスクール、スタイリストなど、様々な活躍の場があります。
ネイリストの資格の勉強方法としては、ネイルスクールや通信教育などがあります。

23
10月
2013

ネイリストになるためには?

ネイリストになるためには、いくつか方法があります。
ネイリストとしての資格は、ネイリスト技能検定試験、ネイルスペシャリスト技能検定試験に合格をすることです。
この2つの資格をえるために勉強をしなければなりません。

 

そのため、通信講座などで勉強をするか、ネイルスクールなどに通うことです。
ネイリスト技能検定試験は、1級から3級まであり、日本ネイリスト協会が実施していて、
ネイルスペシャリスト技能試験は、インターナショナルネイルアソシエーションが実施しています。
どちらの試験が良いということはありませんが、民間資格としては、日本でこの2つの資格がネイリストとして認められることになります。

 

しかし、民間資格ですから、開業する際にもこの資格がないとダメということではなく、勝手にネイリストを名乗っても良いとされています。
実際は?というと、ネイリストとして働きたい時には、当然資格の有無の関係してきますから、“本物のネイリストになりたい、将来のネイリストとして開業をしたい方は必ず取得したい資格になります。

 

これらの資格をえるための試験は、そう簡単ではありません。

 

就職にしても、かなりの難関の試験を突破することになりますが、それだけやりがいもあり、技術も磨かれるということです。
通信講座、スクール通学、どちらでもネイルについての勉強をしてみることで、資格取得を目指してみてください。

 

現在、女性にとても人気があるネイリストですが、なかなか大変だということが納得されることでしょう。

23
10月
2013