自分がいつどこでどのような終わりをするのか誰にもわかりません。
誰にも分からないからこそ、今日一日を大切にすることができるのです。
それに、自分が突然事故にあって死ぬことだってあるのです。

将来に備えて生前墓を建てる人が増えてきました。
また、2014年4月からは消費税が8%に増税するので、
その前にお墓は買っておきたいということで、とても売れているんだそうです。

CX_CP180ところが。お墓は買ったはいいものの、肝心のお墓を置く場所が
重要です。自分の家の敷地内であれば自分の家の庭に建てることは可能なのですが、それなりにお金や方法が少々手間を取ります。

やはり置く場所として最適なのは上尾のように広い土地がある霊園のほうが
いいでしょう。上尾などの地方は広々とした土地が取れるので、
自然豊かな山の方にもお墓を建てることができます。

霊園にも種類があります。少し紹介しますので、参考してみては。

【都内型墓地】

都内にお墓を建てたい人におすすめです。住宅街なら、寺院墓地のほうが
いいでしょう。また、新しいお墓の形として納骨堂をお墓代わりにする人も増えているそうです。

【公園型墓地】

公園のように広々としていて、バリアフリーなども完備されている
墓地です。自然がたくさんあって清々しい気持ちで眠れます。

墓石 - Wikipedia