ネイリストになるためには、いくつか方法があります。
ネイリストとしての資格は、ネイリスト技能検定試験、ネイルスペシャリスト技能検定試験に合格をすることです。
この2つの資格をえるために勉強をしなければなりません。

 

そのため、通信講座などで勉強をするか、ネイルスクールなどに通うことです。
ネイリスト技能検定試験は、1級から3級まであり、日本ネイリスト協会が実施していて、
ネイルスペシャリスト技能試験は、インターナショナルネイルアソシエーションが実施しています。
どちらの試験が良いということはありませんが、民間資格としては、日本でこの2つの資格がネイリストとして認められることになります。

 

しかし、民間資格ですから、開業する際にもこの資格がないとダメということではなく、勝手にネイリストを名乗っても良いとされています。
実際は?というと、ネイリストとして働きたい時には、当然資格の有無の関係してきますから、“本物のネイリストになりたい、将来のネイリストとして開業をしたい方は必ず取得したい資格になります。

 

これらの資格をえるための試験は、そう簡単ではありません。

 

就職にしても、かなりの難関の試験を突破することになりますが、それだけやりがいもあり、技術も磨かれるということです。
通信講座、スクール通学、どちらでもネイルについての勉強をしてみることで、資格取得を目指してみてください。

 

現在、女性にとても人気があるネイリストですが、なかなか大変だということが納得されることでしょう。