セルフネイルの基本は、オフを丁寧に行うこと。
きれいに塗ることはできてもオフができなければ、自爪は簡単に痛むことになり、楽しんでできません。
自爪が、かわいそうになるだけではなく、しばらくネイルもできない状態に。

 

自爪の健康を左右するためにも、セルフネイルでのオフはしっかりマスターしてください。
用意するものは、リムーバー、アルミホイル、カットしたコットン、ファイルです。

 

まずはファイルで、爪を削ります。
目の粗いもので、自爪は決して触れないようにしてください。
アセトンをコットンに湿らせて爪に乗せます。

 

この時に、アセトンが皮ふに触れないように、コットンは爪の大きさにカットしておいてください。
その上からアルミホイルを乗せますが、これもカットしたものを使います。
カップ型のアルミホイルならカットせずにそのまま使えて便利です。

 

価格もやすいです。
放置時間は約10分ですが、長すぎてもNGです。
アルミホイルを剥がすときに、暖めながら行うと良いかもしれません。
一度で剥がれなかったら、同じことを繰り返してみてください。
キレイに剥がれたら、キューティクルオイルをつけるのはオススメです。

 

しっかりと保湿をすることで、爪を傷めることなく、再びネイルを楽しむことができます。
準備するときに、カットなどは事前に行うと良いでしょう。
温かな部屋で、オフも楽しみながら行うのが良いですね。
あくまでも優しくソフトに丁寧に、を基本として行なってみてください。