現在、日本ではネイリストの資格は2つの団体の実施する試験で取得することができます。
いずれも民間資格ですが、就職などに役立つ資格です。

 

ひとつは日本ネイリスト協会であり、ネイリストのネーミングの発案したと言われています。
日本ネイリスト協会の別組織日本ネイリスト検定試験センター主催の技能検定試験に合格をすることで、ネイリストの資格を有する事ができます。

また、インターナショナルネイルアソシエーションも技能検定試験を主催し、ネイリストの資格を取得できますが、合格者をあえてネイルスペシャリストと呼んで区別をしています。

いずれもネイルに関しての専門的な知識がなければ合格はできない難しい試験として有名です。

 

日本ネイリスト検定試験センターの資格は1級から3級までの技術を問われるもので、1級ともなると、合格率はとても低いと言われています。
試験内容は、ネイルケア、色やデザイン、スカルプチュア、ネイルアートなどですが、この内容が細かで、技術的にもかなりの専門知識を要するとされています。

 

また、ネイルだけではなく、爪の知識をもつこともスキルアップには必要とされています。
ネイリストの資格をもつことで、就職にも役立ちます。

ネイルサロンはもちろんですが、美容院、エステ、ブライダルサロンの他、ネイルスクール、スタイリストなど、様々な活躍の場があります。
ネイリストの資格の勉強方法としては、ネイルスクールや通信教育などがあります。